【Windows vs Mac】大学入学してパソコン買うならどっちがいいの?両方使う現役大学生が徹底比較!

Windows-VS-Mac

こんにちは、れのんです。新入生のみなさん、入学おめでとうございます🎉

大学入学が決まると、パソコンを買ってくださいといった連絡が届く大学が多いでしょう。そこには、画面サイズなどの様々なスペックが書かれていて、パソコンに詳しくない人には何が何だかさっぱりわかりません。(僕も未だによくわかっていません…笑)

なので、今回はどのパソコンを買えばいいのかわからないあなたに、OSはWindowsがいいのか、Macがいいのか、用途に合わせたオススメを紹介します!

大学でしか使わない人にはWindowsがオススメ!

大学の授業や課題にしか使わない予定の人には、Windowsがオススメです。

理由は、Windowsの方がMacに比べて対応しているソフトが多い、かつ、値段も比較的抑えることができるからです。

大学の指定しているスペックも、ほとんどがWindowsだと思いますが、それは授業で使うソフトがMacでは使えない可能性があるからだと思います。

また、MacはApple製品しかなく値段がだいたい決まってしまっているのに対し、WindowsはMicrosoftDellmouse東芝など色々なメーカーが販売していて、値段も3万円〜なので、自分の予算に合ったものを選ぶことができます。

アプリ開発や動画・画像編集するならMacがオススメ!

アプリ開発や動画・画像編集などのクリエイティブな作業をする予定の人には、Macintoshがオススメです。

理由は、iPhoneアプリ開発ができる、また、編集アプリが豊富であるからです。

Macの特徴はなんと言っても、豊富なアプリが使えることです。ビジュアル的に操作できるものが多く、初めて使う人にも使いやすいです。

Apple🍎製品なのでお値段は10〜20万円と少々張りますが、美しいデザインのMacを使っていれば格好良く見えるので、自分への投資だと考えたら高くはないのではないでしょうか?

WindowsとMacの特徴まとめ

最後にもう一度、WindowsとMacの特徴をまとめておきます。

 

OS Windows Mac
種類 多彩 Appleのみ
値段 2万円〜 10万円〜
対応ソフト
アプリ

デザインに関しては、好みの問題ですね。れのんの個人的にはAppleのシンプルさが好きです。

れのんの使っているパソコンはこれだ!

最後に、僕れのんの愛用しているパソコンを紹介して終わろうと思います。

Dell

メモリは8GBのDellのやつを使っています。

Controlキーが左手の小指の位置にあることが、Macにはない優れている点です。Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Vでペーストなど、レポートを書くときなどはショートカットキーをよく使うので、意外とこれが重要なのです。

RPAのツールである「UiPath」などは、Windowsにしか対応していないのでDellの方を使っています。「RPAで作業を自動化してみたい!」と思っている人は無難にWindowsを選ぶのが良いでしょう。

MacBook Air

メモリは8GB、ディスプレイサイズは13.3インチ(2560 x 1600)カラーはゴールドのMacBook Airを使っています。

2018年に出たモデルで、この記事を執筆している2019年2月現在、一番新しいものです。

MacBook Proと迷いに迷った結果、Airのゴールドを購入したのですが、ここだけの話、少し後悔しています。笑

親がProを買ってきて、自分もたまにいじるのですが、キーボードの感じといい、なんとなくProが良いなと感じるのです。まあ、隣の芝生は青いってことなんですかね。笑

やはり操作・動きはスムースで、格好いいです。スタバでMacでアプリ開発なんてしていたら、スタイリッシュの塊ですよね。これに憧れる人はMacを買いましょう!

 

以上、WindowsとMacを比較してみましたが、どっちを買うか決まったでしょうか?

どちらを買ったとしても、基本的なことはできますので問題ありません。最後は自分の好みに合わせて買ってしまいましょう!

れのんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です